イベント

都市環境デザインスタジオ2020公開講評会

イベント詳細


イベント詳細


2006年度に初開講して以来、今年で15回目を数える都市環境デザインスタジオの公開講評会を今年も行います。

このスタジオは、東京大学・千葉大学・東京理科大学・筑波大学が共同で実施する大学院生を対象とした都市デザイン演習です。

今回のテーマは、「郊外での新しいくらし方を考える」です。「住む・働く・休む」といった一連の生活行為の境目がなくなってきている現代において、大学や研究機関の立地が進む柏の葉地区に、今後どのようなくらし方を想定し、どのような都市環境をデザインすべきか、総合的な提案を求めました。

対象敷地は柏の葉キャンパス駅から北に向かった国道16号北地区。豊かな緑地や集落環境が残るエリアです。

 

10月の開講以来、大学院生達が本課題に取り組み、様々なアイデアをデザインにまで落とし込んできました。その成果を市民の方々やまちづくりに係る方々に発表し、忌憚ない感想やご意見をいただき、今後に生かすことを目的に、公開講評会を開催します。

感染防止のため、今年はオンラインでの開催となります。ご視聴だけでも構いませんので、多くの皆様のご参加、お待ちしております。

イベント詳細

  • 開催日:2021年1月23日(土)
  • 時間:13:30~16:00
  • オンライン開催 Web会議システムZoomを活用します。事前に登録の上ご参加ください。
    ※インターネット環境があればどなたでもご参加・ご視聴いただけます。

    参加登録はこちらから。

LINE公式アカウント

UDCKの公式アカウントを友だちに追加すると、気になるイベント情報がスマホに届きます。

友だち追加

 

メールニュース登録

UDCKでは月に2回メールニュースを配信しています。
柏の葉から最新のまちづくり情報をお届けします。